用語がわからないからつい

[ 2014.09.11 ]

職場の先輩で、やたら、金まわりのいい人がいます。 こっそりと秘密を尋ねてみたら、何の躊躇もなく、「FXをやってるんだよ」と教えてくれました。 FXという言葉は、投資の一種として耳にしたことがありますが、内容は全く知りませんでした。 先輩の話だと、ネットで調べればすぐに覚えられる、とのことで、早速、私もサイトを開いて勉強してみました。 ビギナー向けのサイトを見てみたのですが、いきなり、通貨ペアやポジション、レバレッジ、スプレッドなどといった用語が目に飛び込んできて、一瞬、凍りついてしまったのです。 いままで聞いたこともないし、全く意味のわからない用語を目にすると、それだけで、投げ出したくなってしまいそうになりました。 ただ、何度も読み返してみると、そういったFX独特の用語というのは、さほどたくさんあるのではないと気付いたのです。 多く見ても、20個ぐらいでしょうか。 それさえ覚えれば、FXそのものは決して複雑なメカニズムでもなんでもないようです。 なんだか、私も自信めいたものがわいてきました。 いま、実践に向けて勉強中です。


▲ページトップに戻る